加飾技術のご提案 | 工業用樹脂材料・成形品 | 取扱製品 | 東郷産業株式会社

本文へ移動する

ナビゲーションメニュー

個人情報保護方針サイトマップ

取扱製品




本文はここから

加飾技術のご提案

従来の塗装品に変わる新たな提案。材料着色により、VA、納期短縮を実現します。

加飾技術は、樹脂の質感を変える方法として家庭用品、家電、自動車などの幅広い分野で使われています。
また、塗装や異素材でしか表現が出来なかった用途を成形色で表現できます。
材料に着色するため、塗装費用を低減できます。

詳細は電話(052-251-5371)または、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

加飾技術は表現の幅を広げます

  • 色の組み合わせにより、自由な配色ができます。
  • 樹脂の流動性を変えることにより、模様(マーブル等)を付けることもできます。
  • 特殊な粒子を混ぜることにより、天然素材や、高輝度(メタリック)な表現もできます。
  • 木屑などを樹脂に折込みリサイクル材としても活用できます。

光彩パール

  • メタリック粒子そのものに輝度を付与
  • 淡い色調でも表現が可能
  • アルミメタリックよりも高輝度

↑このページの一番上へ移動する

マーブル

  • 「墨流し」のイメージ
  • 同一素材(流動性の違い)で表現

↑このページの一番上へ移動する

金属パターン

  • 塗装レス(VA、短納期)
  • ウエルドレス処方タイプ
  • 高輝度タイプ

↑このページの一番上へ移動する

石目パターン

  • 人口大理石調
  • 天然の風合いを追求

↑このページの一番上へ移動する

布目パターン

  • 御影石調
  • 布地、織物の風合い(ファブリック調)

↑このページの一番上へ移動する

木目パターン

  • ナチュラル感
  • 木屑のリサイクル

↑このページの一番上へ移動する



All Rights Reserved, Copyright(C) 2007, Togo Sangyo Co., Ltd.